ポーツマス

ここに行く理由?

イングランド南岸に位置するポーツマスは、車でも列車でもロンドンからの移動がとても便利です。この水辺の街のポーツマス・ヒストリック・ドックヤードは貴重な歴史の遺産ですが、そのすぐ隣には近代的なスピンネイカー・タワーや、にぎやかなショピングセンターのガンウォーフ・キーが建てられ、街全体に活気を与えています。

主な玄関口
空港:
ガトウィック空港、サウザンプトン空港

ハル港

市内の地図

主なアトラクション

ヒストリック・ドックヤード

ヒストリック・ドックヤードにはインタラクティブな展示が置かれているほか、歴史ある船舶が見学できることで知られています。船の中でもとりわけ目を引くのは、海軍史上もっとも有名な軍艦HMSヴィクトリー号や、英国初の鉄製装甲艦HMSウォーリア号でしょう。チケットには11ヶ所のアトラクションが含まれていてお得ですが、見ごたえがあって1日では回りきれないくらいなので、有効期限が1年になっています。

ご予約はVisitBritainのオンラインショップで

ウェブサイト:historicdockyard.co.uk

スピンネーカー・タワー

ポーツマスの風景を楽しみたいなら、なんといっても170メートルの高さを誇るスピンネーカー・タワーの最上階でしょう。エレベーターで展望台に上がると床の一部がガラスになっており、はるか下に小さく見える港を眺めながらその上を歩くことができます。日程は限定されますが、事前に予約すれば、タワーの上から滑りおりるというお楽しみも経験できます。

ご予約はVisitBritainのオンラインショップで

ウェブサイト:spinnakertower.co.uk

Spinnaker Tower, Portsmouth

メアリー・ローズ号

1545年に沈没したヘンリー8世の軍艦は、1982年に引きあげられて、今では専用の博物館に展示されています。引きあげられた船体は保存状態が奇跡的によかったので、巧みに組み立てられて美しくよみがえりました。関連の品々も数多く展示されていて、当時の船の様子を詳しく知ることができるので、世代を問わず楽しめるアトラクションです。博物館はヒストリック・ドックヤード内にありますが、入場のチケットは別売りなのでご注意ください。

ウェブサイト:maryrose.org

ガンワーフ・キーズでのショッピング

数多くのデザイナーブランドあるいはチェーン店ブランドが割引価格で手に入れることのできるアウトレット、ガンワーフ・キーズ。水辺にあってバーやレストランも充実しているので、数時間(あるいは1日中!)ショッピングを楽しむのにぴったりのスポットです。

ウェブサイト:gunwharf-quays.com

まだ発見されていないこと

ポーツマスが初めてでない方には、新しい魅力のある以下のスポットをご案内するのはいかがでしょう。

Dデイ博物館

Dデイ博物館は、第二次世界大戦中のヨーロッパの解放に関係していた人々の体験談や持ち物の展示を通して、解放の様子を伝えてくれます。

ウェブサイト:theddaystory.com

ブルーリーフ水族館

ポーツマスのブルーリーフ水族館では、サメからクラゲまで、40種類の水の生き物を眺めて楽しむことができます。場所はヒストリック・ドックヤードから歩いてすぐです。

ウェブサイト:bluereefaquarium.co.uk

チャールズ・ディケンズ生誕地博物館

小説家であり、ジャーナリストであり、社会評論家でもあったチャールズ・ディケンズは、ポーツマスのこの家で生まれ、その後数年間をここで過ごしました。博物館の展示物を見ていると、気持ちがタイムスリップしていき、この摂政時代の家でのディケンズ一家の暮らしぶりが目の前に生き生きと見えてきます。

ウェブサイト:charlesdickensbirthplace.co.uk

ほんの少し足を延ばすと

ポーツマス周辺の魅力的な場所を、ほんの一部ですが以下に掲載しました。英国内を列車で周遊するなら、もっとも簡単でお得なブリットレイル・パスが便利です。

ニューフォレスト

ポーツマスから車で30分、列車で約1時間の距離にあるニューフォレスト国立公園。556平方キロメートルにおよぶ広大な古代の森とムーア(荒野)は、サイクリング、ウォーキング、乗馬をするのに最高の場所です。園内にはポニー3000頭、牛3000頭、鹿2500頭が自由に歩き回っているので、ぜひ近寄ってあいさつしてみましょう!

ウェブサイト:thenewforest.co.uk

The New Forest, Hampshire

ワイト島

ワイト島へはポーツマスから定期船が毎日運航しており、所要時間はフェリーだと22分、ホバークラフト(民間運航のホバークラフトとしては世界最後という貴重なもの!)だとたった10分。宿泊にはもちろん、気軽に日帰りもできる便利さです。ワイト島には海岸沿いを散策したり、化石を探してみたり、美しい景観の崖の上をウォーキングしたりとお楽しみが詰まっています。

Book on the VisitBritain Shop

ウェブサイト:visitisleofwight.co.uk

The Needles, Isle of Wight

ロイヤル・アーマリーズ

ポーツマスのすぐ隣のフェアハムの町では、美しく修復されたヴィクトリア朝時代の要塞、ロイヤル・アーマリーズを訪ねることができます。メインの展示を見た後にも、19エーカーの城壁や外堀、秘密の地下トンネル、砲弾用のシェルターなどをゆっくり歩いてみましょう。

ウェブサイト:royalarmouries.org

グッドウッド

ポーツマスからほんの35分移動したサセックスのカントリーサイドに、リッチモンド公爵が何世紀にもわたって所有しているグッドウッド・ハウスがあります。この邸宅は3月から10月まで一般公開されており、ツアーに参加したり、優雅にアフタヌーンティーを楽しんだりすることができます。またグッドウッドの町は、フェスティバル・オブ・スピード、グローリアス・グッドウッド、グッドウッド・リバイバルなどのイベントを開催することでもよく知られています。

ウェブサイト:goodwood.com

主なイベント

View All

旅行行程

View All