ヨークの日帰り旅行

ヨークは古くからの都市で、古代ローマによる支配やバイキングたちの首都としてよく知られています。 その後はスコット人の攻撃に対する中世イングランドの砦となっていました。 この華々しい歴史のなごりは、この都市のあちこちで、その豪華な歴史的建造物、伝統的なお店があふれる曲がりくねった通り、しゃれたオールド・パブ、おいしいビクトリア調のティールーム、みごとな博物館、そして楽しい家族向けアトラクションに見ることができます。

旅を始めましょう

ロンドンのキングス・クロス駅から直行列車で1時間50分です。 マンチェスター・ピカデリー駅からは1時間20分、マンチェスター空港駅からは1時間40分です。

こういった短距離移動の場合、個別の鉄道チケットをTrainlineで事前に予約することができます。 これよりも長距離の移動の場合、英国内を見て回るための最も簡単でくつろげる方法の一つが、BritRailパスです。このパスを使えば移動に制限がなくなり、自由に見て回ることができます。

パス商品

ヨーク・パスはこの歴史的都市を堪能するために最もよい方法です。 一定額を支払えば、ヨーク・ミンスター、キャッスル・ハワード、ヨーク・チョコレート・ストーリー、ヨーク・ブリュワリー・ビジター・センターを含む市内および周辺の30以上の観光スポットに入場することができ、それぞれのスポットでチケットを買うために並ぶ必要がなくなります。

VisitBritainショップで予約

ヨークの見どころ

ヨーク・ミンスター


巨大な建造物であるヨーク・ミンスターはいやがおうにも目に入ります(「ミンスター」とは聖職者が修行する修道院に付属する礼拝堂のことです)。 その荘厳なゴシック様式の内部は、その2000年に及ぶ歴史を教えてくれるガイド付きのツアーで見て回るのがおすすめです 。ツアーが終わったら地下に降りてすばらしい参加型ミュージアムを体験しましょう。

ウェブサイト:ヨーク・ミンスター

ヨーク・チョコレート・ストーリー


ヨーク・チョコレート・ストーリーでは、チョコレート業界における偉人の隠れた物語が語られ、チョコレート作りの秘密が明かされ、ショコラティエの技さえも伝授されています。 このツアーにはガイドが常に随行しており、参加者は対話式に3つのフロアを巡ることで、ヨークの名声と富が300年近くにわたりチョコレートによってもたらされてきたことや、何世紀もの間に多くが変わってしまったけれども、ヨークは依然として英国におけるチョコレートの本場であることを知るのです。

10~25名の団体に対しては、まぎれもない当地のショコラティエの一人と共に、貸し切りのイブニング上級クラスを手配することができます。


















催行可能人数: 団体割引の適用は15人から。1ツアーあたり最大で25~30名。
連続するツアーに振り分けることでより大人数の団体も対応可能。
催行回数: 毎日午前10時より開催(最後のツアーは午後4時)

繁忙期は15分毎にツアー出発、それ以外は30分毎。 一巡するのに90分を見込んでください。

12月25、26日および1月1日は休館です。
貸し切りツアー: 貸し切りのイブニング・ツアーおよびチョコレート上級クラスをご用意することが可能です。
個人/団体: 個人または団体
翻訳: 貸し切り予約ツアーに対する通訳の入場は無料


ウェブサイト:ヨーク・チョコレート・ストーリー

ヨーク・ダンジョン


ヨーク・ダンジョンでは、俳優、セットそして怖い音響を用いて、この街の身の毛もよだつような過去を現代によみがえらせました。 野蛮なバイキングから中世の居酒屋まで。処刑、拷問、魔女の火あぶりもあります。心臓の悪い人や怖がりには向きません。


















催行可能人数: 最小:1ツアーあたり2名、最大:1ツアーあたり24名
催行回数: ツアーは15分毎に出発
貸し切りツアー なし
個人/団体: 両方とも
翻訳: 次の言語に対してエントランスで外国語ガイドを用意しています:ドイツ語、フランス語、スペイン語、オランダ語、日本語および中国語




VisitBritainショップで予約

ウェブサイト:ヨーク・ダンジョン

ヨークのゴースト・ツアー


ここくらい歴史のある街には、怖い言い伝えや幽霊があふれかえっているものです。 ヨーク・ゴースト・バスは、この不気味な街で最も幽霊の出没する場所を巡って、背筋が凍るようなツアーに向かいます。これには有名な辻強盗、ディック・ターピンの墓も含まれます。 役者たちや技術的なトリックのおかげで、このツアーはたいへん楽しめるものになっています。 このゴースト・バスはロイヤル・ヨーク・ホテルの南側にあるステーション・ロードの停留所REから出ています。


















催行可能人数: 1名から 最大で54名まで。
催行回数: 火曜日から日曜日までは、1日1回、午後7時半出発

土曜日は午後6時と午後7時半
貸し切りツアー: 可能
個人/団体: どちらでも可能
翻訳: 英語しかありません


VisitBritainショップで予約

ウェブサイト:ヨークのゴースト・バス・ツアー

ヨーヴィック・バイキング・センター


ヨーヴィック・バイキング・センターでは、バイキングの都市ヨーヴィックの住居、作業場そして裏庭を、都市が建てられた1000年近く前の形で見ることができます。 さらにこのセンターには最新のギャラリーがあり、すばらしい乗り物体験を楽しむことができます

ウェブサイト:ヨーヴィック・バイキング・センター

ヨーク・キャッスル・ミュージアム


この再現されたビクトリア調の街路は、19世紀の居住者がいかにして生活し楽しんでいたかを示しています。 家族みんなが楽しめるアクティビティになっており、チョコレート作りも体験できます。

ウェブサイト:ヨーク・キャッスル・ミュージアム

ヨーク観光バス・ツアー


オープン・トップ・バスを使ったこのツアーは、この都市の2000年の歴史を語る風景や観光スポットに対する深い見識を与えてくれます。 この都市のあちこちに22のバス・ストップがあり、9か国語で音声ガイドが提供されています。 このバスは、ヨーク・ミンスター、ヨーク・ダンジョン、クリフォード・タワーそして都市城壁の4つの主要なスポットすべてで停車します。

VisitBritainショップで予約

シティ・クルーズ・ヨーク


天気がどうであっても、 ウーズ川のクルージングはすばらしい旅になります。 キングズ桟橋の船着場かレンダル橋の船着場から出発するこのツアーは45分から1時間かかり、ヨークの古代ローマ時代およびバイキング時代の歴史に対するすばらしい見識をもたらしてくれます。 新たな試みのシティ・クルーズとしては、アフタヌーン・ティー・クルーズ(サンドイッチとティー付)と フラッドリット・イブニング・クルーズ(ジャズ・ミュージックとプロセッコ(イタリア産スパークリング・ワイン)付)があり、どちらのクルーズでも、おしゃれに移動しながらこの都市を川から眺める機会が与えられます。


















催行可能人数: 観光クルーズおよび食事クルーズに対する団体割引適用可能な団体人数は20名です。
最大人数は観光が100名、食事が80名です。
催行回数: ヨーク・シティ・クルーズ(45~60分*)
2018年は4月1日~11月25日(続いて2018年11月26日から2019年11月26日~2019年2月1日**)
毎日運航(キング桟橋の船着場から)10:30、12:00、13:30、15:00毎日運航(レンダル橋の船着場から)10:40、12:10、13:40、15:10 ヨーク・ランチ・クルーズ(1時間45分)
2018年4月1日~同年9月30日、火曜日、水曜日、土曜日、日曜日(キングの桟橋の船着場)11:45
2018年4月2日~4月6日、2018年5月28日~2018年6月1日、2018年7月30~8月31日、毎日(キング桟橋の船着場から)11.45ヨーク・アフタヌーン・ティー・クルーズ(1時間45分)
2018年4月1日~2018年9月30日、火曜日、水曜日、土曜日、日曜日(キング桟橋の船着場11:45
2018年4月2日~4月6日、2018年5月28日~2018年6月1日、2018年7月30日~8月31日、毎日(キング桟橋から)14:45ヨーク・シティ・イブニング・クルーズ(1 時間)
2018年3月3日~11月3日、毎日(キング桟橋の船着場から)19:30 ヨーク・シティ・フラッドライト・イブニング・クルーズ(70分)
2018年5月5日~9月1日、毎日(キング桟橋の船着場から)自分でこぐ赤いボート(1時間) 最大8 名
2018年3月24日~11月4日、月曜日から金曜日 – 午前(キング桟橋の船着場から)週末は予約はありません。
10:00~12:00
貸し切りツアー: ご要望に応じて貸し切りツアーをご用意できます。ただし、船の手配、団体要件、時季によってご要望に沿えない場合もあります。
個人/団体: 個人または団体
翻訳: 解説書の翻訳をスペイン語、フランス語、ドイツ語、およびオランダ語で用意してあります。


ウェブサイト:シティ・クルーズ・ヨーク



Britrail パス

英国を鉄道を使って見て回る人にとって、BritRailパスは最も簡単で安価な移動方法です。 定額を支払ってこのパスを取得すれば、英国中または選んだリージョン内を鉄道で制限なく旅することができます。 BritRailチケットは海外からの訪問客専用ですので、英国に到着する前に購入しておく必要があります。

BritRailパスについての詳細情報