北西イングランド―長いニュース導入部

2018: ディキシーディーンホテル、リバプール

エバートンのフットボール選手、ディキシー・ディーンを記念した100室のホテルが来年、リバプールの中心部でオープンする予定です。このホテルはスコットランド人のフットボール選手兼マネジャー、ビル・シャンクリーを記念したシャンクリーホテルの向かい側に建設される予定です(2人は良き友人でした)。 ディキシー・ディーンホテルはレストラン、バー、イベント会場を有し、このフットボール選手のキャリアからの記念品を展示します。

日程確認中:マンチェスター・モキシー

マンチェスターのスプリングフィールド地区に開設が予定される145室のモキシーホテルの計画はすでに許可されています。 モキシーはマリオットインターナショナル社によるミレニアル向けブティックコンセプトのホテルで、ロンドンの同系列のホテルに加えられるものです。 他にも7ホテルがロンドン、グラスゴー、エディンバラ、サウスハンプトン、ブリストール、ヨークに予定されています。

2017/2018: チェシャ―のコートハウスホテル

フラットキャップホテルの2番目のホテル、チェシャ―、ナッツフォードにオープン予定の42室のコートハウスホテルの計画は承認されました。 以前、刑事法院だったこの建物は、150席のレストランとバー、550人収容の会場を持つホテルに改造されます。 2017年には既存の2棟が10室の豪華客室に改装され、2018年のオープンまでには施設の裏側の増築部に32室の客室が建設されます。

2018年初頭:リバプール、マーティンバンク銀行跡の新しいホテルで金鉱を掘り当てる

プリンシパル・ヘイリー・グループはリバプールの歴史的建造物、マーティンバンクビルをスパ、バー、レストランを収容する227室の豪華ホテルに改造中です。 著名な建築家、ヒューバート・ジェームズ・ロウズに設計され、1932年に完成したマーティンバンクビルは戦争中に建設された英国史上最高の古典様式のビルと名高く、第二次世界大戦中、英国の金を隠すために利用されました。

プリンシパル・ヘイリー・ホテルの詳細

改修と増築

ホールマークホテル、北西イングランドに8軒のホテルを追加

ホールマークホテルは北西 イングランドに事業を拡大し、リバプール、プレストン、チェスター、レクサムにミーティングとイベントスペースを組み合わせた 宿泊施設を用意し、マンチェスターにホテルを追加する予定です。 当ホテル チェーンは都心、田園地帯の邸宅、海岸、利便性の良い空港周辺など様々な場所にスパとゴルフ場を含む多様なホテルを経営しています。 北西部への8ホテルの追加により、ホールマークホテルのポートフォリオは28施設になり、英国中における客室は総計 2700室になります。

2017年 5月 : ローウッドベイ、カンブリア

カンブリアのローウッドベイは2017年の春 に改装のため閉店し、既存の客室を改造して豪華 客室とスィートを追加する予定です。 4月に再オープンする時、宿泊客はインドアとアウトドアレジャー施設、ウィンダミア湖を見渡す最新の豪華スパ、グリルコンセプトを含む選択可能なレストランを楽しむことができます。 その後レイクビューのある18客室とスィート、新グリルレストラン、豪華スパ、最新のアトリウム、新しい 29 客室とスィートの建設が行われます。

ローウッドベイに関する 詳細